鈑金・塗装(オートボディーマツオ)

オートボディマツオの鈑金・塗装!

熟練職人の技術と最新設備で、まるで新車のように!

小さなキズから事故などの修理、鈑金塗装まで、専門の知識と豊富な経験を備えたスタッフがお客様に最適なご提案を致します。
また、リビルト品(再生品)や水性塗料など、環境に優しい商品も積極的に使用しています。

オートボディマツオの鈑金・塗装
環境にやさしい!扱いが難しい水性塗料を使っています!
水性塗料とは有機溶剤を使わない(または大幅に減らした)塗料で、環境に優しい新しい塗料です。
以前の塗料と比べ、有機溶剤の匂いもほとんどしません。ですが、扱いが面倒で難しく、設備も必要です。
環境にやさしい!リビルト品(再生品)も推奨しております!
信頼ある業者からリビルト品の提供を受けておりますので、安心です。
妥協はしません!(プロとしての自覚)
日々、技術や機械・材料は進化しておりますが、使うのは人(メカニック)です。
我々メカニックは、日々真剣に作業に取り組み、研修にも積極的に参加するなど、全員が技術の向上に取り組んでおります。 また、日々の会議やアンケートをいただくことで、お客様にもっと満足して喜んでいただくことに積極的に取り組んでいます。
最新設備!はやくて安心!
グローバルジグによる正確な修正と4ホイールアライメントテスターの測定・調整で、修理後の愛車に安心して乗ることができます!
目指すは・・・No.1!
熊本で、九州で、日本で、「お客様満足度NO1」を目指しています。
その為には、より多くのお客様に、より多くの喜びと感動を提供できるように、日々努力を惜しみません。

設備のご紹介

グローバルジグ


1994年4月から新衝突安全基準が適用されました。この法改正により、より安全に関する問題がクローズアップされました。 各製造メーカーの安全基準対応策として3つ挙げられます。

  1. 衝撃力分散フレーム構造
  2. フレーム変形モードのコントロール
  3. パネルの接続部の強化と補強材の追加

このように車の構造が変わり、キャビン(車内)の安全性確保、車体前後をクラッシャブルゾーン(つぶれ易く)にしてあります。
クラッシャブルゾーンはつぶれやすい構造だけでなく衝突による衝撃力をボディーを変形させながら吸収していくという構造体です。 車の修正に大切なのはボディーアライメントとホイールアライメントの確保です。ボディーアライメントはホイールアライメントを左右するので非常に大切です。 そこで弊社が導入したジグ式修正機は車で大切なアンダーボディを1mm単位で修正できるジグ式修正機です。 グローバルジグは走行性能に関係する部位を「計測」「修正」「固定」出来ます。よって、車体の事故前の復元と安全性の復元を行なえるのです。

4ホイールアライメントテスター

アライメントの調整が必要な時
  1. 事故・(縁石に軽く接触した時も含む)などで、車に衝撃があった時
  2. タイヤサイズやホイールサイズの変更を行った時
  3. スプリングやショック等の変更をした時

弊社では、事故でご入庫されたお車は、必ずアライメントを計測し、事故後のカーライフの安心をお届けいたします。 事故後に車体がまっすぐ走らない!ブレーキング時にガタつく!と言うことがありません。安心して愛車に乗る事ができます。

スマイル車検

車検はロータスマツオにお任せください!

整備のプロが、お客様の大事な愛車を点検いたします!

車検のご予約はこちら

エコアクション21

環境に優しい整備工場を受賞しました


ページトップ